女性医師の求人・転職事情とは?

女性医師の転職とは?

医師数全体に占める割合が増加している「女性医師」。
現在、医学部に入学する1/3程度が女性となっているようです。

 

この傾向は今後も続いていくことが予想されます。
つまり、女性医師が活躍するフィールドも、拡大傾向にあることが期待されます。

 

しかし一方で、医局や医療施設には「男社会」というイメージがあることも否定できません。
また、女性医師には出産や子育てといった、女性特有の事情も。

 

この点は女医さんのQOLを考える上でも極めて重要となります。
今回はそんな「女性医師」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

 

豊富な募集求人がございます

女性医師のキャリア形成は男性と大きく異なります。
結婚、出産、子育てのタイミングを考える必要があるからです。

 

具体的な年齢としては20代後半から30代を中心に、40代くらいまでは悩む方が多いことでしょう。
出産・子育てに際しては長期休暇をとる必要があり、そのまま退職せざるを得ないケースも多いようです。

 

現在の転職市場では、このような事情で退職せざるを得なかった女性医師に注目が集まっています。

 

優秀な腕や知識を持ちながら、なかなか現場復帰が叶わない方も多いのは、大変もったいない話です。
そんな中、ブランクがあっても働きやすい環境を整備する医療機関も存在します。

 

はじめは無理なく、スポットの常勤(常勤アルバイト)からスタートできる場合もあります。

 

求人でチェックしたいポイントは?

女性医師の皆様も、転職に当たって優先したい事項があるはずです。

 

給与アップ、専門医資格取得、症例数を積みたい…などなど。
しかし、欠かさずにチェックして頂きたいのが「勤務・業務体制」についてです。

 

こちらは「QOL」に直結しますので、極めて重要です。
具体的には、宿当直の有無、担当病床数、1日あたりの患者数や、実労働時間などをチェックしましょう。

 

また、女性医師へのサポート体制や、産休・育休制度の実施状況ほか、通勤にかかる時間や、病院の環境といった付加価値に関する部分までリサーチできればパーフェクトです。
ご自分で細かく調べる時間が無ければ、無料で利用可能な「転職サイト&エージェント」を利用されると便利です。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

転職事例紹介

 

仕事がキツすぎる?QOLを求めた転職

女性医師のターニングポイントは、結婚や出産といったビッグイベントばかりではありません。

 

特定の科目や医療施設によっては、大変な激務を強いられるケースがあります。
「夜勤が週に複数回入る」「連続勤務30時間オーバー」など、女性であっても容赦のない勤務態勢が続くことがあるようです。

 

「患者さんの命を扱う」とはいえ、その前に医師本人が心身共に疲弊しきっては、元も子もありません。
このような環境下で、転職への意識が芽生える女性医師は多いようです。

 

「どこの病院で働いても大変さは一緒では」という疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。
結論から申しますと「女性医師のキャリアに理解のある医療機関」は確実に存在します。

 

場合によっては、転職によって「地獄から天国」に移ったかのように、労働環境が大幅に改善される事例もあるようです。

 

子供や介護…だけど、どんどんキャリアを積みたい!

結婚されている女性医師の場合には、出産や育児について考える必要があります。
また、子供がある程度育ってくると、今度はご両親の介護の問題が出てくるケースも。

 

このような状況下でも「転職」「非常勤」「スポットアルバイト」を駆使して、バリバリとキャリアを積み上げる方が存在します。

 

出産後は、産後復帰に理解のある病院に転職。
子供が小さいうちは時短勤務で、家族との時間を大切に。

 

子供がある程度の年齢になったタイミングで、通常勤務へ。
ご両親の介護が必要になったタイミングで、時間の自由が利くスポットアルバイトで、収入はきちんと確保。

 

…なんとも頼もしいアクティブさですね。

 

現在は、インターネットで簡単に大量の求人を比較検討できます。
ITを駆使して、従来では不可能だった「柔軟な働き方」でキャリアを積む女性医師が登場しているのです。

 

この科目の将来性

女性医師の将来性は、明るいと言えるでしょう。

 

女性医師の増加傾向に対して、多くの医療施設や医局、そして学会単位でも「サポート体制の整備」がはじまっているからです。
一例では、日本糖尿病学会(The Japan Diabetes Society)が「女性糖尿病医の能力を充分に発揮できる環境を」という方針を打ち出しています。

 

また、消化器系では「日本消化器病学女性医師・研究者の会」(WCJGSG)も結成されています。
「一般社団法人 日本消化器病学会」からの連携も受けており、消化器系の女性医師に対するキャリア支援にも力を入れているようです。

 

ちなみに、内科、小児科、皮膚科、眼科、産婦人科などは女性医師数が多いです。
反対に外科の女性医師数はまだまだ少なめ。

 

女性医師の少ない科目は、まだまだ「男社会」の側面が根強いかもしれません。

 

しかし、女性医師をサポートする動きは「医療界のトータルな傾向」として捉えることができます。
これにより、女性医師のQOL改善は、今後より一層見込めるかと思います。

 

21世紀は、女性医師の多様なキャリアが実現する時代になることが期待されています。

 

まとめ

1990年の国内における女性医師数は、およそ24,000人。
それから12年後の2012年には、女性医師数がおよそ60,000人にまで増加しました。

 

これは、女性の社会進出が進んだ、喜ばしい成果と言えます。

 

しかし、喜んでばかりはいられません。
男性と女性は、結婚、出産、子育てにおいて異なる役割があるにも関わらず「男女問わず、医師の労働条件が同じ」なのが現状だからです。

 

少しずつ、しかし確実な改善は見られますが、女性医師が何の心配もなくキャリア形成できるのはもう少し先になるかもしれません。
ですから「自分のQOLは自分で確保する」という気持ちで、柔軟に歩まれることがよろしいかと思います。

 

そこにはもちろん「転職」という選択肢が含まれます。

 

「転職」をまるでドロップアウトのように感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、現在は男女問わず、QOLや給与の向上を目指し、転職を検討する時代です。

 

大変優秀な「転職サイト&エージェント」も登場しているため、医局とは距離を置いた「スムーズな転職」も可能となっています。

 

医師としての使命感は確かに大切。
しかし、激務で体を壊すようならば本末転倒。

 

せっかくの婚期を逃せば、後々大きく後悔する可能性もあります。
もちろん、ご家族との時間を大切にしたいという欲求も当然のことです。

 

まずは「女の幸せと医師としてのキャリアは両立しない」という固定観念を捨ててください。
例えば、年間数万件の求人マッチングをおこなう「転職サイト&エージェント」などでは、転職によって「女の幸せ&医師としてのキャリアの両立」を実現するケースも多数ございます。

 

「転職サイト&エージェント」の中には「女性医師に特化した求人」を用意しているところも。
無料の会員登録で「豊富な求人情報の閲覧」や「各種サポート」を受けることが可能となりますので、ぜひご利用ください。

 

QOLも、キャリアアップも、女性の幸せも。
1人で悩まずに、まずは、経験豊富な「転職サイト&エージェント」にご相談されると良いでしょう。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる