整形外科医の転職事例と募集の背景&将来性

診療・治療範囲の広さが際立つ整形外科。患者数では内科としのぎを削りながら、常にトップに君臨しています。
運動器官に何らかの問題を抱えた患者さんの社会復帰やQOL向上に大きく関わる整形外科は、その需要が大変に高いのです。

 

今回はそんな「整形外科」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

 

求人総数は多いです

厚生労働省「必要医師数実態調査」を見ると、整形外科医の潜在求人ニーズが大変多いことが分かります。
これは例年の傾向と言えるでしょう。

 

ただし、間口が広いことと、良質な求人にたどり着くことはイコールではありません。
後でご紹介しますが、「何を重視して転職をおこなうか」という優先順位がブレないようにしなければなりません。

 

整形外科医は、転職事例ほか働く場所、働き方の選択肢も広いためです。

 

専門領域に特化した医師が求められます

高齢化ほか、交通事故、労災、スポーツ外傷の多発・・・。
昨今のこうした事情を反映し「センター化」を進める医療施設も増えているようです。

 

そのため、経験豊富な整形外科専門医は常に求められています。
そこで「どの専門領域・分野に特化していくか」というビジョンは、常に明確にし、それに合わせたステップアップも考えてゆく必要があるでしょう。

 

例えば、関節(リウマチ)、スポーツ医学(リハビリテーション)、外傷整形、骨(腫瘍、代謝、骨粗しょう症など)、マイクロサージャリー、小児外科、さらには美容整形外科。
ざっと挙げただけでも、これだけの専門領域・分野が存在します。

 

専門医取得はぜひとも目指したいところですが、ご自身のビジョンをきちんと理解してくれる環境で学ぶことが望ましいですね。
そのためには症例数や指導体制ほか、指導医や施設の考え方などもチェックすべきかと思います。

 

転職事例紹介

年収アップは難しくない。問題は「何を求めるか」。

豊富な手術件数、あるいは外科部長などある程度以上のポストの経験・・・。
そんなベテラン整形外科医であれば、年収アップはさほど難しくありません。

 

大切なことは、プラスアルファとして何を求めるか、という点でしょう。
例えば、40代前後では開業、30代まではキャリアアップを求める方も多い印象です。

 

そして、引退も選択肢の1つとなる50代後半。
QOLを重視して経営・管理の側にまわったり、あるいは後輩の育成に尽力されることも有益です。

 

一方で、臨床現場の一線でまだまだご活躍される方も少なくありません。
もしくは、医師不足の地方や離島医療、地域医療にコミットメントする志の高い医師もいらっしゃいます。

 

このように「何を求めるか」によって、働き方、さらにはその後の生き方までもが変わってきます。

 

内科から整形外科の世界へ飛び込む

豊富な転職事例の中には、他科から整形外科の世界に飛び込むケースも。
通常で考えると、大変時間がかかるため現実的ではないように思えますよね。

 

しかし一説によれば、転職を志す医師の中で「転科経験のある医師の割合は10%前後にも達する」とも言われています。
より良い環境を求めるアクティブなドクターの皆様は、転科についても柔軟な視点を持っているということかもしれません。

 

例えば内科医としての臨床経験を重ね、専門医を取得した方が、そのノウハウを生かす形で整形外科を志すケースがあるようです。
整形外科のニーズの高さを考慮すれば、決して無謀な選択とは言えないでしょう。

 

そしてもちろん、整形外科で培った知識を生かす形で「内科領域に転科(転職)するパターン」も見受けられます。
年齢やQOLなどを考慮してメスを置いた先生の働き方として、選ばれるケースも少なくありません。

 

この科目の将来性

大変将来性が期待できる科目の1つかと思います。
需要は常に存在しますし、着実にノウハウや技術をステップアップさせているドクターが活躍する場は、数多いと言えるでしょう。

 

ただし現状では、需要に対して医師数が充分とは言えません。
そのため、整形外科医1人1人に負担が集中するケースも。

 

つまり在籍する医療施設によっては、QOLが保てないケースも少なくないのです。
この点については心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

 

一方で、医師の負担軽減に務める施設も存在します。
具体的には、労働に見合った様々な待遇・対価を用意する施設です。

 

そのような、良心的で働きやすい環境に出会えるかどうかという点は、ワークライフバランスを考える上で極めて重要と言えるでしょう。
出会いを運任せにせず、実績豊富な医師転職サイトやエージェントに頼ること。そのようにされたドクターは、おおむね満足のいく転職を達成しているようです。

 

まとめ

新専門医制度に代表されるように、国内の医療情勢は大きく変化しつつあります。
医師国家試験を通過すればそれで安泰…という時代は過去のものとなりつつあるのかもしれません。

 

これからはドクター個々人が、各々のキャリアをデザインしていくことが望ましいのではないでしょうか。
もちろん、整形外科医の先生方もその中に含まれます。

 

素敵な出会いを通じた、かけがえのない医師人生のデザイン。
幸いなことに現在は「実績やノウハウが豊富な転職サイト&エージェント」が、良き出会いの仲立ちとなってくれます。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる