麻酔科医の転職?事例と募集の背景&将来性とは

手術中の痛みから患者さんを守る麻酔。
患者さんの「全身管理」を1つのコンセプトにしていると言っても過言ではありません。

 

手術の規模などによって、部分麻酔から全身麻酔までをおこないますが、いずれも大変高度な技術が要求されます。
多くの場合、麻酔医の技術が手術の質に直結。優秀な麻酔医へのニーズは高いです。

 

そんな麻酔科医への魅力的な求人は、様々な医療機関から出ています。
今回はそんな「麻酔科医」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

 

麻酔科医不足で求人は多様

麻酔科医の数は、小児科医や産婦人科医とともに不足。
単純な麻酔科医数だけでなく、地域ごとの医師数格差も深刻です。

 

医師免許を持っていれば誰でも麻酔をかけることはできます。
しかし、高度化する麻酔技術に対応できる医師は限られるのです。

 

そのため、優秀な麻酔医のニーズは高く、求人数も充分ございます。
多くの医療機関には常勤ドクターが在籍していますが、技術的に充分カバーできているとは言えません。
そのため、良い求人を見つけるチャンスはまだまだ多いのです。

 

なお麻酔科医は、外科領域はもちろん、内科領域にも携わります。
終末期医療における患者さんの痛みの緩和(緩和ケア)にも不可欠な存在です。

 

手術管理から患者さんのQOL向上まで…。
このように、麻酔科医の仕事は多様。

 

それを反映するように求人の多様さも特徴的です。

 

年収の幅も広い

良い求人を見つけるチャンスのみならず、麻酔科医には「年収アップのチャンス」にも比較的恵まれています。
積極的に良い環境を求めることで、麻酔科医の平均年収を軽々クリアされている方も多いのです。

 

1つの環境で長く働くのも立派ですが、1度は転職について考えても損は無いでしょう。
実際に麻酔科医の年収には、同じような年数・仕事内容でも数百万円程度の差がつくことも。

 

どうかご自身の価値を過小評価せず、より良い条件を目指すこともオススメです。

 

転職事例紹介

給与の大幅アップ事例も

麻酔科医の仕事は、比較的オン・オフがはっきりしています。

 

どちらかと言えば裏方に近い仕事で、受け持ちの患者さんができるわけではないからです。
しかし、それは「ラクな仕事」ということを意味しません。

 

むしろ、手術前後に至るまでに管理を1人でおこなう責任感・プレッシャーはかなりのもので、精神的にはなかなかの激務と言えるかもしれません。
そのため、現在の年収に不満を持つ麻酔科医も少なくないようです。

 

麻酔科医の「働き方」の選択肢は多い

実際に「年収への不満」を動機に転職した麻酔科医が、数百万円もの年収アップを実現したケースもあります。
また、開業で数千万円?億単位の年商を実現した事例も。

 

開業を見越したスキルアップ・ステップアップ目的の転職も、麻酔科医の関心分野となっています。

 

なお、麻酔科医は働く環境によって、仕事の大変さが大きく異なります。

 

医局で手術・オンコール・当直をバリバリこなす方。
一方、老健施設で余裕ある勤務をされる方など、QOLにもかなり差が出ています。

 

また「どういった点を売りにするか」という点も、麻酔科医個々人で大きく異なります。
「脳神経外科手術」における麻酔実績など、専門ノウハウを強みにする方がいる一方、分野を選ばない対応力を強みにする方もいます。

 

このように、麻酔科医は個性が出しやすく、それに合わせて多様な「働き方」が実現できるのです。

 

この科目の将来性

将来性に関しては全く心配ありません。

 

医療に「手術」が存在する限り、麻酔は必須。
特に手術の高度化と比例する「麻酔技術の高度化」は、豊かなノウハウを持つ麻酔科医の専売特許とも言えるでしょう。

 

そのため、一定のニーズは常にあり続けると考えられます。

 

ただし、1つ懸念したいのは「優秀な麻酔医の囲い込み」です。

 

病院側としては、優秀な麻酔医に対して「常勤として在籍して欲しい」と考えることでしょう。
そのため、魅力的な条件で求人を出すわけです。

 

現在麻酔科医への魅力的な求人が多いのも、このような事情が多少あると考えられます。
よってこの先、現在のような魅力的な求人が減ってくる事態もあり得るかと思います。

 

転職を少しでも検討されている方は、早めに求人チェックをはじめたほうが良いかも知れません。

 

まとめ

麻酔は、外科手術における「侵襲」に対する「ディフェンス」です。
つまり、手術中の患者さんの痛み・体の過剰反応を抑えます。

 

麻酔は神経活動、呼吸、循環など患者さんのあらゆる生命活動にも関係。
麻酔量の見極めの甘さが、患者さんの死につながる事例もあるため、病院側としては「優秀な麻酔医」を常に求めています。

 

その意味でも、転職を有利にしたい方なら「麻酔科専門医」の取得は必須。
自由な働き方を実現するための鍵と言えそうです。

 

なお、信頼できる医師転職サイトやエージェントは、円滑な転職をサポートしてくれます。
求人を出している医療機関の細やかな情報も揃うため、転職の成功確率も高まるのです。

 

麻酔科医の皆さんを切実に求める医療機関と、心づくしの好待遇を知らないのは大変もったいない話と言えます。
医師転職サイト&エージェントは、会員登録・利用にもお金がかかりませんから、ぜひとも活用してください。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

麻酔科医が転職する際に注意するポイント

転職は医師にとって必ず訪れる「機会」といってもよいでしょう。特に自分のスキルアップや希望する医療環境を求めることから、転職する場合と、結婚や子供の誕生、子供の教育、親の介護…といったプライベートを考慮しての転職も多いのが実情です。

 

では、麻酔科医の場合は転職に関して、どのような点に気をつけるべきでしょうか?それは2つあると考えましょう。まずひとつは医療環境とその周辺、という条件です。大抵の場合、麻酔科医が執刀時に勤務することは理解しやすいのですが、救急救命を行う病院の場合は、ある意味「24時間」待機しなければなりません。よくオンコールで起こされた…という介護現場での声を聞きますが、麻酔科医の場合は2時間でも8時間でも、勤務しなければならないのです。

 

ですから、転職しようとする場合は「その病院の前任麻酔科医が、短期間で退職していないか」をしっかり調査することです。インシテ?ントレホ?ートがある場合は、それを入手すること。麻酔科医の不安全行動は、どの病院でも指摘されるものですが、実際の術前診察と術中の患者の容態急変のギャップで執刀担当医が「インシデント」に陥ることも考えられます。病院は常に正しい処置を行うことは不可能ですが、要はいかに患者を守り、自分たちを守るか…ということです。

 

もう一つは「アルバイト先が近くにあるかどうか…」です。ガン専門の病棟や夜間執刀など、麻酔科医はアルバイトで収入を増加させることが可能です。自分の体力と精神力を保ち続ける範囲内(自宅からの距離を考えて)で、数多くの収入の「保険」を掛けておくことが重要なのです。

麻酔科医の転職?事例と募集の背景&将来性とは記事一覧

麻酔科医は外科・内科、双方の領域で不可欠な存在。しかし、患者さんの受け持ちがない分、環境に縛られない働き方が実現できます。実際に、そのような特徴を活かして「フリーランスの麻酔科医」に転身される方も増えているようです。自由度が高い分、年収が犠牲になるのか?実は、フリーランスになったことで、年収がアップするケースも少なくありません。今回はそんな「フリーの麻酔科医」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致...