在宅診療の医師求人・転職事情とは?

日本は、世界トップクラスの平均寿命を誇る長寿国として知られています。
厚生労働省は、65歳以上の高齢者が、2025年の段階で3,657万人、2042年には3,878万人に上ると試算しています。

 

少子高齢化は、どの先進国でも抱える問題ですが、日本では特に喫緊の課題として、その対策が真剣に検討されているのです。

 

それに伴い、在宅診療関係の求人数も増えております。
一方で、在宅診療には大変なイメージもあります。

 

QOLの確保ほか、年収・待遇・ステップアップにどうつなげてゆくかは気になるところです。
今回はそんな「在宅診療分野への医師転職」に関する詳細情報を紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

 

厚生労働省が「在宅医療・介護」を推進

厚生労働省は、在宅医療・介護推進プロジェクトチームを組織。
現在「在宅医療・介護あんしん2012」という計画を推進しています。

 

その背景には「国民の6割以上が自宅療養を望んでいる」という現状がございます。
住み慣れた自宅で治療・ケアをおこないたいという方は、非常に多いのです。

 

もちろん、病気や障害を抱える高齢者の場合は、自宅から出たくても物理的に不可能です。

 

さらに、計画では、高齢の単身世帯、夫婦のみの世帯が増加していくという予測が、大きな要(かなめ)となっています。
そのため、円滑な在宅医療・介護を推進は喫緊の課題と捉えられています。

 

実は、高齢化に伴う医療費の上昇で、国の財政は圧迫されているのが現状。
「在宅医療・介護あんしん2012」には、その解決策としての側面も伺えます。

 

事実、財政的な理由によって受け入れ先が決まらない高齢患者も存在します。
このような方々を救う手段としても、在宅医療は期待されているのです。

 

計画では今後「ケアマネージャーと医師の連携」も視野に入れつつ、医療介護における連携を充分に取ってゆくことが1つの目標となっています。

 

増えゆく高齢者に伴う在宅診療ニーズの増加によって、在宅医療の現場で働く医師へのニーズも高まっています。

 

定期診療や緊急対応が必要不可欠

在宅医療とは、患者さんが病院に来るのではなく、医師が患者さんの自宅へと出向く「訪問診療」を意味します。

 

在宅医療は、患者さんが不調の時だけ診察に出向く、という意味ではありません。
定期診療を実施することで、様子を見たり、健康管理を行うという目的もあります。

 

加えて、病気を抱える高齢の患者さんは、急変リスクも高いと考えられます。
そのため、緊急時にいつでも対応できるような体制を取る必要があるのです。

 

このような体制を実現するために、在宅診療に携わる医師数は充分とは言えません。

 

このような側面からも、求人募集が増えていると考えられます。

 

転職事例紹介

 

QOLを確保しつつ、在宅診療もおこなう

高齢者の在宅診療にかかわる上で、最も不安となるのが「QOL」や「勤務態勢」ではないでしょうか。

 

救急対応に追われるなど、思わぬ激務が多いのならば転職するメリットが感じられません。
そして、何よりも「強い使命感や責任感」がなければ果たせない…。

 

そんなふうに考える医師も少なくないようです。

 

しかし実際には、在宅診療の求人の中にも「オンコールなし」の条件を実現しているものがございます。
さらに、外来や臨床現場をメインとしつつ、在宅診療に無理なく関わってゆくということも可能です。

 

一例としては「月々、決められた回数だけ、高齢者の在宅診療を行う」といった条件が用意されている場合もあります。

 

そのため「ご自分にあった勤務体制・リズムを守りながら、QOLもきちんと確保する」という働き方を実現している医師もいらっしゃいます。

 

好待遇・好ポジションも狙える

在宅診療では、地域医療と密接に関わることになります。
どこか地味な印象で「年収やポジション・待遇は二の次」といったように思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、先程ご紹介した「在宅医療・介護あんしん2012」では、 診療報酬・介護報酬について、 在宅医療・介護を重点的に評価すると明記しています。
つまり、年収をきちんと確保することはもちろん、きちんと求人を選べば、年収のアップも狙うことが可能です。

 

また、在宅診療の拠点としてのクリニックで院長になるという選択肢もございます。

 

近年、クリニックや小規模医院の院長が高齢化しており、医院を継承するケースも目立ち始めています。
また、在宅診療ニーズの増加に伴い、 在宅診療に特化したクリニックが新規オープンしています。

 

在宅診療をきっかけとして、独立・開業をするという選択肢も魅力的です。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

この科目の将来性

在宅診療分野は、高い将来性を持っているといえるでしょう。

 

事実、今この瞬間にも高齢化は進行していますし、在宅診療を望む高齢者も増えています。
このような問題に対して、何よりも国の象徴が大々的なプロジェクトを進めているのですから、社会的なニーズと共にその評価も高まってくると考えられます。

 

ご自身のキャリアプランの中に在宅診療という分野を、1つの選択肢として検討する価値は、充分にあると言えるでしょう。

 

まとめ

現実問題として、在宅診療が行われるすべての現場でQOLが充分に確保されているとは言えません。

 

しかしそれは、在宅診療が、その体制を確立する「過渡期」にあるからです。

 

後期高齢者医療の社会的なニーズの高まりに対して、厚生労働省が全力で体制づくりを行っています。
そのため将来的には、医師の負担が軽減され、より働きやすい環境が実現すると考えられます。

 

そうしますと、在宅診療を希望する医師の転職ニーズも高まり、競争率が高くなることも懸念されます。

 

興味のある方は、在宅診療に今のうちから参加し、経験やノウハウを積んでおくことも、大きなステップアップの架け橋となるでしょう。

 

そして、現状で最良の在宅診療関係の求人を見つけるのならば、きちんと比較することが大切です。

 

そんなときに役立つのが「転職サイト&エージェント」。
「信頼できる転職サイト&エージェント」ならば、皆さんのご希望に沿った在宅診療関係の求人をマッチングしてくれます。

 

求人マッチングはもちろん、相談や先方への交渉も無料でおこなってくれる点は、嬉しいポイントです。
転職に有利な詳細情報も事前に入手して、良質な求人を見つけましょう。

 

「信頼できる転職サイト&エージェント」を利用すれば、充分なサポートも期待できます。
スムーズな転職によって、QOL、満足のいく年収、待遇を掴んでください。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる