消化器外科・肛門科医の転職事例と募集背景&将来性

胃がん・大腸がんへの関心は年々高まっています。

 

内視鏡検査による早期発見はもちろん、治療やケアについても消化器外科医・肛門科医の存在は欠かせません。

 

消化器外科・肛門科は内科領域との親和性も高いため、スペシャリストであると同時にゼネラリストであることが望ましいと言えるでしょう。

 

これは転職においても意識しておきたい点です。

 

今回はそんな「消化器外科・肛門科医」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

 

求人数はトップクラスです

お腹や通便の問題は多くの方が抱えています。
胃がん・胃潰瘍の危険因子として知られるピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)については、一般の方の関心も高まってきました。

 

この他、ストレス社会の象徴とも言える「逆流性食道炎」もテレビなどのメディアでピックアップされる機会が増えている印象です。
これらの症状のケアに関わる消化器外科・肛門科のニーズは高いです。

 

そのため、ニーズに比例した豊富な求人数が保たれていると考えられます。

 

「幅広さ&専門性」が転職では有利に

消化器外科・肛門科のニーズの高さ。その理由の1つが「内科系・検査業務」の需要の高まりです。

 

例えば、人間ドックや定期検診の代名詞ともなっている「内視鏡」。
こちらも消化器外科・肛門科の領域にカウントされます。

 

実際に、「内科系・検査業務が可能な消化器外科・肛門科医」は大変に重宝される傾向があるのですね。

 

限定された専門性を追いすぎるよりも「つぶしの利く幅広さ」を身につけること。
転職を考える消化器外科・肛門科医の皆さまは、この点を意識されると有利かと思います。

 

転職事例紹介

「上辺だけの情報で選んだ求人」で失敗するケースも

求人数が外科の中でトップクラスの消化器外科・肛門科。求人が豊富なので選びやすい印象です。
しかし一方で、病院名(ブランド)、待遇、年収、症例数などだけで求人を選んだ方の中には転職を後悔するケースも少なくありません。

 

例えば、数字上では豊富な症例数でも、実際に担当できる保証はありません。
上の先生、あるいは古くから在籍する先生が症例を独占してしまい、ご自分のキャリアアップにつながらないという悩みを抱える方も多いようです。

 

この他、待遇や年収はアップしたけれど、それに見合わないオーバーワークによって、QOLが犠牲になる事例もゼロではありません。

 

このように、求人先の実態は「実際に働いてみなければ分からない」という側面が多々あります。
しかし、事前に求人先のディープな情報が手に入れば、このような失敗を避けることが可能です。

 

例えば、豊富な情報でドクターをサポートする「転職サイト&エージェント」ならば、求人先の事情に通じていることも期待できるでしょう。

 

周辺分野・領域への転職

消化器外科・肛門科の医師は、転職先の候補も豊富です。
専門医取得を目指す方は「消化器外科専門医認定施設」を。すでに専門医資格をお持ちで豊富な経験を深化させた方ならば、消化器センターや専門の医療施設に活躍の場が用意されています。

 

例えば、センター立ち上げのタイミングを狙えば、スターティングメンバーとしての好待遇も期待できるでしょう。
QOLや、ご自分・家族との時間を大切にしたい方は、地域医療へのコミットメントも視野に入れます。

 

中小規模の病院やクリニックで働くことも可能ですよ。
その際は、当直、オンコール、休日といった体制の事前チェックが望ましいかと思います。

 

この他、外科から「周辺分野・領域」にシフトする選択肢もあります。
具体的には、内科領域ほか、緩和ケア、高齢者医療の方面などであれば、スムーズな移行も期待できるでしょう。

 

未経験だから不安・・・という方は、科をまたいだ「医療チームの一員」として参加する方法もあります。

 

この科目の将来性

消化器外科・肛門科医の将来的なニーズは変わらず高いと考えられます。

 

例えば、胃がん・大腸がんによる死亡率は、男女ともにトップ3入り。
がんの部位罹患数でも、男性のトップ、女性では乳がんに続く第2位が「胃がん」です。

 

そして現在進行中の高齢化によって、がんリスクを抱える方の増加も充分に予想されます。
同時に、大腸がんの早期発見にも効果をあげている内視鏡検査のニーズもなくなることは無いでしょう。

 

こうした患者さんの傾向やニーズを意識することが、キャリアアップを思い描く上でも大切です。
このように、消化器外科・肛門科医の将来性(ニーズ)については全く問題ありません。

 

しかしニーズの高さゆえに、QOLが犠牲になる職場・環境があり得る可能性については充分ご注意ください。

 

まとめ

消化器外科・肛門科医の皆さんのQOLが損なわれるような事態は望ましくありません。
例えその理由が「ニーズの高さ」であってもです。

 

激務によって医師の健康が損なわれることは、医師個々人の問題ではなく、いずれは日本の医療発展を大きく損なう要因となるでしょう。

 

ご自分を最大限に活かしつつ、同時に無理なく働くこと。持続可能な働き方を医師個々人のレベルで意識し、実践することが求められます。

 

「転職」は、具体的な実践の手段として、今や多くの医師に支持されているのですね。
そして「良質な転職サイト&エージェント」は、ドクターのキャリアアップ&QOL向上のサポート役として頼りになる存在。

 

皆さんが少し外側に目を向ければ、最良の環境はきっと見つかるはずです。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる