メディカルドクターの医師求人・転職事情とは?

「新薬における見解の実施」「新薬の副作用・安全性の評価」、そして「医師の立場から、新薬の有用性を現場に伝えること」。
メディカルドクター(MD)は、製薬会社でこれらの業務に携わります。

 

臨床に携わり、患者さん個々人の健康を守るのも、確かに素晴らしいこと。
しかし、新薬のスムーズな上市を期待する患者さんも多くいらっしゃることも事実。

 

その意味では、臨床と同等のやりがいも得られるかと思います。
今回はそんな「メディカルドクターへの転職」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

 

新薬開発のスピードアップが期待されています

医師の存在は、製薬会社にとっても大変心強いもの。
メディカルドクターが提供する「医学的アドバイス」は、新薬開発のスピードアップと、新薬のクオリティ向上の鍵を握っているからです。

 

製薬会社間の競争はグローバルに展開されているため、理解ある医師へのニーズは大変に高いと言えます。
メディカルドクターに対しては、外資系企業が積極的に求めており、求人数も豊富。

 

しかし、最近では国内製薬会社もこの流れに追随し、求人数が増えてきています。

 

増加する医師の受け皿となっている側面も

現在、医師数の増加とは反比例して、病院数は減少。
そのため好待遇を求める医師が、希望通りの臨床現場で働けないという事態もおこっています。

 

製薬会社は、その受け皿として良いドクターの確保に乗り出している側面があります。

 

先ほどご説明したように、医師は製薬会社にとっての心強い存在。
そのため、積極的な求人募集を出している状況です。

 

転職事例紹介

 

QOL重視で転職を決意

メディカルドクターは製薬会社に就職することになります。
そうしますと、土日祝日など休日をきちんと確保することが可能に。

 

給与に関しても、満足できるだけの分をきちんと得られるケースが多いようです。

 

医療機関に勤めていますと、当直やオンコールの問題が出てきます。
入院施設がある病院の場合には、急変した患者さんの対応で忙殺される可能性も少なくありません。

 

それに比べて、製薬会社の労働環境に魅力を感じる医師は多いようです。
このような、現在お勤めの医療機関が抱える問題と比較して、メディカルドクターへの転職を決意する医師もいらっしゃいます。

 

非常勤とのダブルワークで臨床の感覚を忘れない

メディカルドクターに魅力を感じながらも、なかなか転職に踏み切れない…。
その要因の1つが「メディカルドクターになると臨床に戻りづらいのではないか」という不安です。

 

しかし、製薬会社の中には、非常勤医師とのダブルワークを認めているところもございます。
そして、そのような働き方を実現するために、環境を整えている企業もあるのです。

 

例え月に数回程度でも、臨床に携わり続ければ、その感覚を忘れずに済みます。
このように、求人先をきちんと選べば「製薬会社勤務後に臨床に復帰」というようなキャリアをデザインすることも可能です。

 

実際に、このようなルートで臨床復帰される先生もいらっしゃいます。

 

将来性

「医師の多様な働き方の1つ」として、大いに将来性が期待できるでしょう。
2004年の臨床研修医制度導入が1つの契機となり、多様な働き方を模索する医師も増加しています。

 

医局の都合や人事ではなく、ご自身が納得いくキャリアを積極的にデザインする。そんなケースが増えてきたのですね。

 

そのため、特にお若いドクターの皆様は、「医師の働き方の選択肢の1つ」として、ぜひ検討する価値があるかと思います。

 

ベテランドクターの皆様については、すでに強力な武器を持たれています。
それは「臨床経験」と「専門領域に関するノウハウ」です。

 

そのため、メディカルドクターとしての転身もスムーズに果たしやすいかと思います。

 

まとめ

製薬会社がメディカルドクターに求める点は3つ。
「専門領域の知識・ノウハウ」「5年程度の臨床経験」「高いレベルの語学力(英語コミュニケーション力)」です。

 

しかし、これら全ての要素を満たしていなくても、メディカルドクターへの転職は叶います。

 

そのためには先方に「メディカルドクターという職業に、充分な理解があります」ということを伝える必要があります。
面接対策でそのポイントを押さえることが肝心ですが、独力では高いハードルかもしれません。

 

そんな方は「医療系転職サイトやエージェント」を活用されると良いでしょう。

 

優良な「医療系転職サイトやエージェント」は、転職における様々な対策を、漏れなく万全におこなってくれます。
これにより「ささいなミスや無知によって転職がダメになる」というリスクを抑えることも可能です。

 

なお「医療系転職サイトやエージェント」では、「一般的な水準よりも好待遇のメディカルドクター求人」を用意しているケースもあります。
これらは「非公開求人」となっていますが、無料会員登録するだけで閲覧することができます。

 

ですから、いくつかの「医療系転職サイトやエージェント」に登録し、「優良な非公開求人を比較し合う」という方法が大変賢いと言えるかと思います。

 

QOLと充分な収入を確保しながら「新しい時代の医師のキャリア」をクリエイトする。
「医師転職サイトやエージェント」を上手に活用する事が、その近道となります。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる