小児科医の転職?事例と募集の背景&将来性とは

少子高齢化が進む昨今。
高齢者の医療が大きな焦点となる一方で、小児科医不足も懸念されています。

 

しかしこのような状況であるからこそ、志の高い小児科を心待ちにし、すがる思いで求人を出している医療機関が少なくないことをぜひとも意識して頂きたいと思います。

 

今回は「小児科医」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

小児科医不足が大きな背景に

小児科医が不足する中、現場の医師達に負担が集中する傾向は否めません。
特に、救急対応については手が回らず、地域で空洞化しているケースも少なくないようです。

 

実際に「子供が深夜に高熱を出したが、対応してくれる病院が見つからずに困った」などという患者さんの側からの話も珍しくありません。

 

このように「小児科は大変」というイメージが固定化し、小児科で働く医師が減る。
結果、現場の医師がさらにオーバーワークや納得出来ない待遇に甘んじる…、というような「負のスパイラル」が生まれている側面もあります。

 

小児医療のエキスパートも渇望されている

小児科医のみならず「小児医療のエキスパート」も不足しているのが現状です。
例えば、小児外科専門医はどの病院でも不足傾向にあるといいます。

 

実際に小児科医の転職に際しても、循環器、未熟児、小児障害などの専門分野に長けた人材は、喉から手が出るほど渇望されているようです。

 

なお、志を高く持ち、小児科専門医を目指す方も、職場の選び方が命運を分けます。

 

激務や当直に忙殺されず、きちんと学び実績を積んでいけるような医療機関。
良質な転職サイト&エージェントでは、そういった方のニーズへ的確に応えるケースも少なくありません。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

転職事例紹介

QOLと年収アップを叶える

忙しい傾向が否めない小児科の転職では、先方の「職務内容や実際の大変さ」といった情報が大切です。

 

目先の年収だけに釣られて職場を選ぶと「体を壊してしまった」「結局割に合わない」などと落胆する結果にもなりかねません。
例えば経験豊富な医師の方なら「ある程度の役職待遇」に絞る手もあります。

 

女性医師の活躍も期待できます

子供の健康に寄り添う意味では、今後より一層の「女性医師の活躍」が期待されます。
実際に「育児中は控えめの勤務」「お子さんが大きくなってきたらフルタイム&専門医取得を目指す」というような働き方を実現されている転職事例もございます。

 

なお、専門医取得を目指す方は「日本小児科学会認定小児科学会認定の研修施設」での研修が必要。

 

5年以上をそこで過ごすことになりますので、症例数はもちろん、指導医の数や質、医療施設としてのクオリティや現場の心意気やモチベーションもチェックしたいところです。

 

出産や育児など、女性特有のハードルもありますが「女性医師の活躍」こそが、小児医療をリードする可能性も充分にあるかと思います。

 

この科目の将来性

少子高齢化時代に小児科を志すのは不利…。そう考える医師も少なくないかも知れません。

 

しかし、高齢化は「高齢出産」という新たな問題を生み出しています。

 

高齢出産では、早産(標準体重前の誕生)ほか、新生児が先天的な病気を抱えて生まれる可能性が高まることが知られています。

 

そのため「NICU」(新生児集中治療部門)や「GCU」(新生児治療回復室)などの開設と、それに伴う医師やスタッフへの需要が増加傾向にあるのです。
こちらは24時間体勢で動きますので激務と考えられがちですが、ワークシェアリングの導入によって、QOLをきちんと確保しているケースも。

 

この他、毎年行われる「予防接種」の需要もあるように、小児科の需要は確実に存在します。

 

今のうちからご自身にとっての「最適な職場・働き方」を見つけること。
そのために、小児医療に対する需要を的確に捉え、流れを読んでおくことが将来的な「最良の選択肢」になる可能性は高いと思われます。

 

まとめ

地域医療への関心や、医師自身のQOLの充実化。
日本の医療界は少しずつですが確実に変わりつつあります。

 

実際に医師転職の需要はトータルとして高まっていますが、これは、医師個人の考え方や理想を外側に向けて探求可能になったということです。

 

変化を恐れずにこのような波に乗り、より良い働き方を実践するのか。あるいは、ひとところに甘んじるのか。
21世紀は医師にとっても決断が必要な時代と言えるかも知れませんね。

 

転職サイト&エージェントの本当の仕事は、単に職場を紹介するのではなく「医師個人のさらなる活躍」を目指し、それを理解する先方との架け橋になること。
良質な転職サイト&エージェントは現に、それを実現し、小児科ドクターをはじめとする医師達に「新たなる可能性」を提供しています。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれるエージェントランキングを見てみる