製薬会社への医師の求人・転職事情とは?

製薬会社への医師の求人・転職事情とは?

現代の医師には「医療機関以外での働き方」が存在します。

 

中でも注目を浴びるのが「製薬会社」です。
メディカルドクター、ファーマコビジランス、そしてメディカル・サイエンス・リエゾン(MSL)……。
新薬が世に出る手助けをしたり、その有用性をアナウンスしたり、あるいは既存の薬に新たな価値を与えます。

 

臨床を飛び出すことで「個々の患者さん」よりも広い「医療界の発展」に携わることが期待できますよ。
製薬会社への転職を果たした医師は、臨床に劣らないやりがいを見つけています。

 

また、QOLを重視する医師からも高い関心が寄せられているようです。
今回はそんな「製薬会社への転職」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

 

増加する医師を求める製薬会社

インターネットの普及に伴い、医師にとっても転職しやすい環境が整ってきました。
一方、好待遇の医療機関が見つからず、途方に暮れる医師も存在します。

 

現在、ドクターの数は増加している反面、病院数は減少傾向にあります。
そのため、人気の医療機関などでは、転職競争が苛烈にならざるを得ない側面があるのです。

 

転職はタイミングにも左右されますが、それに恵まれない医師もいらっしゃいます。
つまり、転職市場には「現在の職場に満足せず、転職を考えているにも関わらず、よい転職先が見つからない」という医師が一定数存在しているのです。

 

そこに目を付けたのが製薬会社です。

 

医学のエキスパートである医師は、製薬会社にとっては需要の高い人材。

 

国内の製薬会社は、これまで大学医局と密に連携を取るケースが一般的でした。
しかし、海外の製薬会社の影響を受け「会社が医師を直接雇用する」という動きが拡大。

 

そのため積極的な募集求人を出している状況です。
ここ数年、採用事例が増え、医師への認知度も高まっています。

 

3つの分野での活躍が期待されます

製薬会社が医師に期待するのは「医学的知見を生かした業務」。
具体的な業務内容としては「臨床開発」「マーケティング」「医薬品の安全性評価」の3つに大別できます。

 

新薬開発におけるスピードアップや品質向上のカギを、医師は握っているのです。

 

現在、製薬会社間での競争は苛烈を極めます。
競争の舞台は国内のみならずグローバルに展開されていますので、製薬会社としても優秀な人材、将来性のある医師は常に確保しておきたいと考えています。

 

グローバル展開という特性上、転職の候補には外資系企業もございます。
そして多くの場合、ある程度以上の英語力が求められるのが一般的です。

 

採用されますと、海外出張や国際会議など、グローバルな舞台で働くことも期待できます。

 

転職事例紹介

 

QOLを求め、未経験からのチャレンジ

製薬会社へ転職すれば、もちろん雇用・業務形態も医療施設とは異なります。

 

宿直・当直はなく、一般的なサラリーマンに似た生活へと変わるケースが多いようです。
患者さん1人1人に向き合うのではないので、精神的・肉体的な負担が軽減する面はあるかと思います。

 

その意味でも、臨床現場での仕事よりもQOLは確保しやすいでしょう。

 

医師は、ニーズに対して供給量が足りていない人材です。
そのため、無理な働き方を強いられるようなケースは、ほぼ考えにくいと言えるでしょう。

 

なお、未経験でも心配ありません。
未経験から製薬会社への転職成功を果たした医師は多くいらっしゃいます。

 

「医師」はある意味で、すでに「有資格者」ですから採用する企業側の信頼も厚いです。
多くの企業が積極的な採用姿勢を見せていますので、自信を持って転職にチャレンジされると良いでしょう。

 

多様な肩書きが目指せます

製薬会社へ転職を果たすと、どのような肩書きとなるのでしょう?
代表的なものは「メディカルドクター」「ファーマコビジランス」「メディカル・サイエンス・リエゾン(MSL)」です。

 

  • メディカルドクター:新薬開発や、その副作用・安全性の評価に携わります。新薬の有用性を医療現場に伝えることも大切な仕事です。
  • ファーマコビジランス:医薬品の安全性監視や評価に携わります。安全な医薬品提供には無くてはならない存在として注目を浴びています。
  • メディカル・サイエンス・リエゾン(MSL):医薬品の情報提供や学術的レビューに携わります。専門性の高い研究職と親和性があり、いま求人数が大幅に増加しています。

 

このように多様な肩書きの数々は「医師の多様な働き方」を象徴しているかのようです。

 

製薬会社への転職は「医師の多様な働き方」の1つ。
しかし、製薬会社に転職を果たした後も、働き方は1つではありません。

 

多様な肩書きから選び、オリジナルなキャリアを積むことが可能です。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

この科目の将来性

大いに将来性が期待できるでしょう。
今後も製薬会社は医師採用に積極的だと思われます。

 

ニーズに対して希望者が少ない現在は、大変狙い目と言えます。
気になる方はぜひとも、実績のある「医療系転職サイトやエージェント」などに相談してください。

 

製薬会社への転職がもっと人気になりますと、競争率が高まる可能性も。
「狭き門」となる前に、転職を検討される価値は充分にあるかと思います。

 

なお気になる年収についてです。

 

メディカルドクターの場合、経験者であれば1,500万円。ある程度のポジションならば2,000万円超も期待できるようです。

 

QOLと共に年収もをしっかり確保。製薬会社からの需要も高い現在なら、実現も夢物語ではありません。

 

まとめ

医局や医療施設から距離を置いた働き方。「医師の多様な働き方」が実現しています。

 

QOLやキャリアを、医局の都合や人事に左右され、それに堪え忍ぶような時代はもう終わりを迎えているのかもしれません。

 

ある程度の経験があれば、お若いドクターでも様々な可能性にチャレンジできます。
「製薬会社への転職」もその1つです。

 

さて「製薬会社への転職」を目指す場合は「語学力」(英語力)が重要になります。
自信のない方は1年程度勉強期間を設けても良いでしょう。

 

英会話に通ったり、あるいはTOEICに挑戦したり。
このような努力は、キャリアの可能性を大いに広げてくれることでしょう。

 

また、専門知識やコミュニケーション力も転職時にはチェックされます。
こちらは、臨床で身につけることができるかと思います。

 

なお「製薬会社への転職」で重要なのは「マッチング」です。
つまり「先生と相性の良い製薬会社を的確に選ぶ」ということですね。

 

こちらについては、「製薬会社への転職」を多く手がけた「医療系転職サイトやエージェント」を利用されると良いでしょう。
狙い目の転職先を伝えてくれるほか、待遇面などについて先方と交渉してくれます。

 

また、現在お勤めの医療機関を、円満に退職するノウハウも持っていますので、とても頼れる存在です。

 

「医療系転職サイトやエージェント」は無料で会員登録できます。成功の成功ために、存分に活用してくださいね!

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

製薬会社への医師の求人・転職事情とは?

「医薬品の情報提供」と「新薬の学術的レビュー」。メディカル・サイエンス・リエゾン(MSL)は、医療機関への専門知識&エビデンス提供をおこなう仕事をします。医療分野の専門家であるキー・オピニオン・リーダー(KOL)と協力しながら、製薬企業の販売促進に欠かせない存在として注目されているのです。今回はそんな「メディカル・サイエンス・リエゾン(MSL)」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。>>希...

「新薬における見解の実施」「新薬の副作用・安全性の評価」、そして「医師の立場から、新薬の有用性を現場に伝えること」。メディカルドクター(MD)は、製薬会社でこれらの業務に携わります。臨床に携わり、患者さん個々人の健康を守るのも、確かに素晴らしいこと。しかし、新薬のスムーズな上市を期待する患者さんも多くいらっしゃることも事実。その意味では、臨床と同等のやりがいも得られるかと思います。今回はそんな「メ...

医薬品の問題検出と評価。医薬品の安全性を監視し、副作用の問題解決にもコミットすることが、ファーマコビジランスのミッションです。製薬会社を活動の拠点として、開発部門やMRなどとも連携しながら、より安全な薬剤の提供を目指します。臨床とはまた違ったやりがいがあること、そして、QOLと収入が確保しやすいことなどから注目度も高まっていますよ。今回はそんな「ファーマコビジランスへの転職」の転職事情を、その将来...