検診・人間ドックの医師求人・転職事情とは?

病気の早期発見に欠かせない検診や人間ドック。
健康体を証明する役目と共に、体の異常をいち早く察知することで、次の治療へとつなげるのです。

 

ある意味では予防医療と親和性が高い分野ですね。

 

健康・医学関連のテレビ番組で有名人が検診や人間ドックをしているため、一般の方の関心もより高まっています。
そのような効果もあってか、老若男女からも高い需要で、豊富な求人を生み出しています。

 

今回はそんな「検診・人間ドック分野」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

求人は豊富です

外来検診と巡回健診。検診業務はこの2つに大別できます。

 

季節によって忙しさは異なりますが、ベースとなるニーズは1年を通じてございます。
人間ドックも同様に、同様に需要は高いです。

 

企業や学校でおこなう巡回健診の季節になると、定期非常勤求人も増加します。
常勤で健診・人間ドックに携わりたい方には、専門クリニックの求人もあります。

 

問診、聴診、打診といった基本はもちろん、心電図、腹部エコー、マンモグラフィなどの読影スキルには、非常に高いニーズが期待できるでしょう。

 

求人でチェックすべきポイント

求人に関するチェックは「QOLに関係すること」と「業務内容に関係すること」に大別できます。

 

1日の診察数や労働時間、当直の有無、医療施設の規模、通勤方法や医療施設までの通勤時間は、QOLに関係するチェック事項です。
業務内容に関係するチェック事項については、読影やオペレーションの体勢、他科との連携、具体的な業務詳細などが該当します。

 

この他、求められる専門知識や、機器の扱いについてもチェックしましょう。

 

転職事例紹介

女性医師の転職事例も豊富

結婚や出産は、女性医師のターニングポイントとなるイベント。
このようなきっかけ、あるいは復帰の手段として検診や人間ドック分野に携わる方もいらっしゃいます。

 

検診や人間ドックは、比較的QOLを確保しやすい分野。
そのため、ムリのない働き方を実現することも可能です。

 

求人先を選べば、年収のアップも同時に狙えます。
子育てをされる女性医師の転職にとってもハードルが低めで、成功事例が多いと考えられます。

 

故郷へのUターンや地域医療へのコミットメント

ご両親の介護、あるいはお子さんとの時間を確保するために…。
ご家族との時間を重視した結果、故郷へのUターン転職を果たすケースもあります。

 

検診や人間ドックは、地域医療との親和性も高いため、他科から転科して働かれる方もいらっしゃいます。

 

この科目の将来性

検診や人間ドック分野の将来性には全く心配がありません。
なぜなら、企業や学校からの膨大な需要が、定期的に必ず存在するからです。

 

加えて、QOLを確保しながら働くことも可能。
それなので、女性医師の皆さんや、ご家族との時間を大切にしたい医師の方々にとっても魅力ある分野かと思います。

 

一方で、専門分野に特化した施設でバリバリと働くことも可能です。

 

CT、MRI、マンモグラフィーといった読影技術、あるいは上下部内視鏡技術を高め、専門ノウハウを磨くことも目指せます。
ご自身の志向によって、多様なキャリアが描きやすい分野とも言えるでしょう。

 

まとめ

検診や人間ドック分野は比較的QOLが確保しやすいです。
患者さんの急減リスクも少なく、他科よりも働きやすいと言えるでしょう。

 

一方で先方が求める技術や業務、あるいは勤務態勢や条件をしっかり理解しておく必要があります。
その辺りの情報不足やミスマッチが、転職失敗の要因となりますよ。

 

大切なことは、さまざまな求人の比較と、詳細な事前情報。そして、先方との交渉力です。
普通の医師では難しいこれらを、転職サイト&エージェントはサポートしています。

 

食わず嫌いで利用をためらう医師もいるようですが、転職における労力がかなり軽減することは確かです。
豊富な情報とノウハウは、先生方のキャリアアップに不可欠。

 

実際に良質な転職サイト&エージェントは、多くの医師から支持されています。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる