放射線科医の転職?事例と募集の背景&将来性とは

放射線科医の転職は、決してラクではありません。
求人数が豊富ではないため、あらゆる可能性や働き方を頭に入れておかないと、満足のいく結果に結びつかない危険性もあります。

 

一方で、うまくいけば放射線科医は「QOLや自由な働き方が実現しやすい」とも言えます。

 

そのためには専門医資格やスキル・ノウハウも必要ですが「良質な求人をいち早くチェックできる体勢作り」が、何にも増して重要となるでしょう。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

 

求人数は限られます

放射線科は、求人ニーズがあまり高くない印象です。
前提として「放射線治療を実施する医療機関が多くない」という事情もございます。

 

そのため、自力で求人を探そうとして挫折したり、より良い条件が見つからなかったり…と言った悩みを抱えるドクターも少なくないようです。

 

このように、一般的な内科や外科から少し外れた科(放射線科ほか麻酔科など)については、転職の際に苦労される方も多い印象でした。

 

しかし働き方は案外多様です

ただし、働き方だけを見れば、放射線科医には多様な可能性が広がっているかと思います。
放射線科専門医取得を目指す方は大きめの認定施設、QOLを重視される方は中小規模の医療機関やクリニックなどをチェックされると良いでしょう。

 

なお、近年では画像診断専門の「読影」に特化することで、満足のいく転職を達成されるケースも増えているようです。
ただ、いずれにせよ良質な求人に対する競争率は高く、すぐに席が埋まってしまう傾向があります。

 

そんな競争率の高い求人にこそ、転職サイト&エージェントは大きな力を発揮するのです。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

転職事例紹介

「読影」あるいは「フリーランス」という選択も

「放射線科への転職」をいう固定概念を持ってしまうと、求人は見つかりにくいでしょう。
しかし「読影」にまで求人の範囲を広げていくと、思ってもみなかった好案件に巡り会う確率も高まるかと思います。

 

転職を考える放射線科のドクターでも、例えば「読影専門クリニック」の存在を知らない方も多いようですので、狙い目と言えます。

 

もちろん、画像診断に特化したスキルやノウハウが重視されますので、その点は意識されると良いでしょう。
働き方としては「通常の勤務医+読影」ほか「完全在宅」でフリーランスのような独立したワークスタイルも可能。

 

ご自分の時間を大事にしたい方は後者を選択しても良いかもしれません。

 

人生の節目が転職の転機に

年齢、あるいは結婚など、人生には何度か大きな節目があります。
実は現在お勤めの医療機関や医局との軋轢・摩擦が起きやすいのもこうした時期なのです。

 

具体的には「自分、あるいは家族との時間を増やしたかったが聞き入れてもらえなかった」というような問題が立ち上がるケースが少なくありません。
あまり深読みするのはよくありませんが、実際に「放射線科の求人ニーズがあまり高くない」ということを見越した上で、ムリな働き方を強いるケースもゼロではないようです。

 

そんな時はお1人で抱え込まず、豊富で多彩な求人とスムーズな退職&転職のノウハウを持つ「頼りになる転職サイト&エージェント」へ、1度ご相談されても損はないかと思います。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

この科目の将来性

将来的にも、一定の需要が期待できます。
CT、MRI、X線をはじめ、PETやマンモグラフィーについても専門的な読影を求められるケースがあるからです。

 

実は、高額医療機器の設置台数において日本は飛び抜けており、事実CTの30%は日本にあるとも言われています。
機器に対する放射線科医の数は大変少ないため、潜在的な需要は常に存在しているのです。

 

事実、欧米諸国との人口比比率における「国内の放射線科医総数不足」は一般に知られており、日本放射線科専門医会も懸念を表明しています。
つまり「人材と機器の分散&偏在化」が起きているのです。

 

このような「ねじれ」も、ドクターの円滑の転職を妨げる要因の1つとなっていると言えますね。

 

しかし高齢化などによって、今後とも健診や人間ドックに関心を持つ方は増えてゆくでしょう。
そこで病気を早期発見するために「専門的な知識と確かな目を持つ医師」がより求められることも予想されます。

 

このような状況を理解し、ニーズに応える医師であれば、QOLとワークバランスをうまく保ちながら、無理なく働くことは案外難しくありません。

 

まとめ

広い視野と情報網を持てば「放射線科医が求められる現場」はきっと見つかります。
来たるべき日に備え、できるだけ早い段階から実績やノウハウを積み重ね、できれば専門医資格を取得しておくことが望ましいかと思います。

 

もちろん、ステップアップや専門医取得のための転職もベターな方法の1つ。
恐れずにアクティブであることが、結果的に放射線科医の皆さんの選択肢を増やす結果となるでしょう。

 

良質な転職サイト&エージェントは、皆さんと、皆さんを心から求める現場との仲立ちを通じて、絆を繋いでくれます。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる