眼科医ドクターの転職事例

眼科医ドクターの転職事例

私たちは日々の生活で視覚に多くを依存しています。

 

多少のケガや病気では病院を訪れない方でも、目に異常を感じたらすぐさま眼科を訪れるのではないでしょうか。
特に現代は、パソコンを使う仕事、スマートフォン利用が増加し、目が悪くなる要因も溢れています。

 

同時に、高齢化に伴う白内障などの治療需要も増加しているようです。

 

今回はそんな「眼科医」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

求人募集は少なめの傾向

現在、眼科医の必要求人医師数倍率は1.14倍(平成22年6月1日)。
これはつまり「現在よりも14%増の眼科医が必要である」という意味になります。

 

他科と比べて致命的な不足とは言えませんが、やはり油断できる数値ではありません。
この数字だけを見れば、眼科のニーズは高いと言えます。

 

しかし実際のところ、良い求人は少なめです。

 

眼科のニーズはが高いなら、求人はさぞ充実しているのかと思われるでしょうが、そうとも言えないようですね。
原因としては、人気科目ゆえの競争率の高さ、地域ごとの医師数・施設の設備格差などが関係すると考えられます。

 

求人でチェックすべきポイント

転職をご検討の眼科医の皆さまには、そのきっかけとなる動機があったはずです。

 

独立開業、先端技術の習得、ワークライフバランスの重視…などなど。
特に専門医取得を目指す場合には「先方の指導体制や症例数」も重要なポイントとなるでしょう。

 

眼科専門医はおよそ10,500人(日本眼科学会・2015年時点)存在します。

 

しかし、およそ100万件の白内障手術件数、推計患者およそ400万人の緑内障。
そして膨大な数のドライアイ患者が存在することを考えると、眼科専門医の数は充分とは言えません。

 

眼科専門医として、こうした症例に精通していると「即戦力」として重宝されるかと思います。

 

転職事例紹介

他科から眼科へ転職

眼科は比較的人気の高い科のため、他科から転科するケースもさほど珍しくありません。

 

眼科未経験の方は当然、研修施設&指導体制の充実した施設や病院を選びたいところ。
さらに専門医取得も見据える場合には、実績やノウハウの蓄積があることも大切です。

 

ただし、よく考えずに転科した場合には「年収が下がる危険性」も。

 

やはり、なるべく条件の良い求人を見つけることが不可欠です。
加えて、ご自分だけで先方と話をまとめようとせず、経験豊富な転職エージェントに「条件を交渉して貰う」ほうが良いかもしれません。

 

QOLや専門医取得など目的を持った転職

転職理由の上位には、やはり「年収アップ」が入ります。

 

しかし最近では「ライフワークバランス」や「QOL」を重視する医師も増加。
20代ではそこまで意識しないかもしれませんが、30代、40代と年齢を重ねるにつれ、体力面の心配も増えてくるでしょう。

 

眼科の場合、白内障などの手術が週に複数回あったり、あるいは外来の患者さんが絶えないケースもあり、多忙な医師も多いようです。
そこで勤務日数の少ない施設、当直のない病院、あるいは都市部を離れて環境重視…という選択肢も出てきます。

 

しかし、自分にとって働きやすい環境を求めたから年収が減るというわけではなく、かえって「年収がアップした」という事例も少なくありません。

 

以上2つの事例を紹介させていただきました。

 

なお、あなたがどのような働き方をしたいかによって、マッチする求人内容は変わってまいります。
まずは「自分が今後どう働きたいのか」をまとめる上でも、無料相談を受けられてはいかがでしょうか?

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

この科目の将来性

新研修医制度のスタートなどからもお分かりのように、医療界はいま過渡期にあると言えます。
医療界は比較的保守的な業界ですが着実に変化しており、それは眼科も例外ではありません。

 

このような過渡期における「専門医資格の取得」は、転職を検討する全ての医師にとって大きな武器になることは間違いありません。
よって、取得のチャンスがある眼科医の皆さんには、積極的になって頂きたいと思います。

 

例えば「糖尿病・循環器疾患による眼合併症治療」のニーズもありますので、スキルやノウハウがあれば眼科専門病院以外からも需要はありますよ。

 

ただし、眼科専門医でない方が、好条件の転職を果たすケースも。こうしたケースが少なくないのも医師転職のユニークな点です。

 

先方はあなたのスキルだけでなく、人柄や将来性も考慮しています。
この点を上手に伝え、先方との架け橋になるようなエージェントこそが「頼るべきエージェント」と言えるでしょう。

 

まとめ

過渡期を迎えつつある日本の医療界。
そうした空気を肌で感じつつ、眼科医の世界でやってゆくことに不安を感じる方もいらっしゃることでしょう。

 

しかし、将来的にもニーズはなくならず、むしろ高齢化の進行に伴って増加する可能性も充分にあると考えられます。
その意味で、眼科医を志し、あるいはスキルアップを目指すことに将来的な不安を覚える必要はありません。

 

大切なことは、できるだけ好条件の職場を求める気持ちを忘れず、場合によっては1つの場所に甘んじることのない柔軟さです。
良質な転職サイト&エージェントは、そんなアクティブなドクターに寄り添い、豊富な情報とノウハウによってきっと役立つ存在になるかと思います。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる