50代医師の転職事情とは?

【50代医師】求人が多い診療科や勤務形態など、転職事情をご紹介

医師の転職年齢は30?40代がメイン。

 

しかし、その次に多い転職年齢が50代と考えられます。

 

50代の医師は転職に際して「働き方・QOL」も、特に意識されるのではないでしょうか。

 

「キャリアアップ」と「働き方・QOL」の折り合いをつけ、場合によっては開業や医院経営も見据える、というのが50代の医師転職の大きな特徴と言えそうです。

 

この年代で求人が多い診療科目は?

50代の医師には、クリニックや老健施設などの院長・施設長、管理職、あるいは医院継承など、責任あるポジションへの求人も数多く見られます。
役職や肩書きを得ておきたい、という方もこの年代では多くいらっしゃいます。

 

開業については40代に多いようですが、開業資金の貯蓄などの関係で50代から実現してゆく方も少なくありません。

 

50代ともなればすでに医師としての経験も豊富で、後輩を育てるに足るノウハウも充分。
そのため、転職に際しても常に一定の需要がある状況です。

 

指導医不足に悩む教室などもありますから、特に、指導医資格をお持ちの方や研究会や学会で実績を積んでいらっしゃる方は何かと有利かと思います。

 

また、外科・内科問わず手技にこだわらず、ニーズの高まる分野(糖尿病、一般外科・内科など)の診療にシフトするのも得策かもしれません。
10年、20年先も現役でいたいという方は、この時期から準備することも可能です。

 

ただし、選択を誤ると当直やオンコールで忙殺される、などということにもなりかねません。
先方の情報はきちんと得ておくことが得策です。

 

臨床か、経営か。スキルアップか、プライベート重視か。
その決定には、おそらくご家族の状況も大きく関係するものと考えられます。

 

例えば、高齢のご両親の存在、お子さんが巣立った後のご夫婦のセカンドライフ・・・など、周囲との兼ね合いも考えて人生の節目を決定する必要があるのではないでしょうか。
じっくり考えたいところではありますが、同時にタイミングを逃さないように注意したいところです。

 

給与や勤務形態は?

給与については「転職に際して何を最優先とするか」によっても変わってきます。

 

しかし、経験豊富な先生方であれば、年収アップの実現も珍しくないようです。
特に、先ほどご紹介した「クリニックや老健施設などの院長・施設長」などへの転職が実現した場合などには、年収アップもスムーズに実現するケースも少なくないと考えられます。

 

「現職と比較した遜色のない年収」を、先方もある程度は考慮し、見越しているからでしょう。
臨床の現場で指導的なポジションにある医師、医長の経験がある方などには、こう言ったチャンスも比較的多いはずです。

 

また、勤務形態につきましても、より柔軟に調整する余地はあるかと思います。

 

「年齢的に当直がキツい」「プライベートを重視したいから週4日勤務で」「オペを少なく」など、様々ご希望があるでしょうが、イメージの実現には「適切な施設選び」が肝要になります。

 

しかし信頼に値するエージェントと手を組めば、ピッタリの施設が案外簡単に見つかることもあるようです。
特に、人脈に自信のない方、未知の施設や分野の扉を叩こうとする方は、良質なエージェントの存在が何にも増して重要になります。

 

 

おすすめポイント

50代医師の皆様は、転職を「単なる職場の変化」と捉えて軽視しないことが大切かと思います。

 

年齢的にも、今後の生き方を決める「人生の転機」と捉えるべきです。
すでに医師としての経験も豊富な皆様には、皆様が考えている以上の需要が期待できます。

 

ここは1つ、医療人としての在り方、集大成の形などを熟考してください。
そして、決断には思い切りも必要です。

 

「転職なんて面倒だし、今でも少々ムリすれば頑張れる」こう言った考え方も立派ですが、ベストではないケースもあります。

 

ムリのない形で医療界に関わり、役立ち、QOLの確保や年収アップ、ベストな働き方も実現する・・・。
先生のちょっとしたアクション1つで、こういった理想も現実味を帯びてきます。

 

そして場合によっては、理想を現実化させる最良の手段が「転職」ということもあります。
道は開かれていますので「少しでも気になるならば、先延ばしにしないこと」がおすすめと言えるでしょう。