老健の医師求人・転職事情とは?

リハビリからケア、食事の管理まで。
老健施設は高齢者の在宅復帰を目指します。

 

65歳以上の高齢者で「要介護認定1から5」にあたる方が対象です。
老健施設において、医師は、高齢者ケアの管理、コーディネート、プランニングを担当します。

 

しかし、実際に働くに当たってはQOLや給与面も気になりますよね。
今回はそんな「老健施設への医師転職」に関する詳細情報を紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

高齢化が背景にあります

要介護認定者数は、平成26年末の段階で600万人超へ。
65歳以上の高齢者に限定すれば、およそ18%が要介護認定を受けています。

 

平成12年の段階と比較しますと、なんと2.7倍以上の増加です。
このような高齢化に伴う要介護者の増加等により、老健施設の社会的ニーズは高まっています。

 

現在は、老健専門施設の増加はもちろん、一般病院においても老健施設を併設、拡充するケースが増えているようです。

 

老健施設は、介護が必要な高齢者の「家庭復帰のサポート」をミッションとしています。
ちなみに要介護認定には5段階設けられており、ごく軽度な介護でOKなケース他、歩行・排泄・食事などがほぼ1人でできないケースまで様々。

 

医師はもちろん、作業療法士・理学療法士・施設スタッフなどがチームとなって、要介護認定を受けた様々な高齢者のケアに当たります。

 

求人は豊富です

高齢化が背景にあるため、求人は豊富です。
都心部はもちろん、地方や過疎地においても求人があります。

 

最近では「高齢者への医療サービス提供」と「地域医療」が、より不可分なものと考えられるようになっているからです。

 

高齢者における在宅ケア支援の拠点「老健施設」は増えてきています。
そのため、求人地域が過度に偏ることはあまりないようです。

 

転職事例紹介

QOLを重視した転職

老健施設の転職を考えるドクターには、QOLを重視する方が多いようです。
実際に、最前線臨床よりも遙かに余裕があり、オンコールや当直の負担もほぼありません。

 

しかし、ただ単に「余裕がある職場環境」と捉えるのは間違い。
外科・内科にかかわらず、幅広い科目の先生が、医師として経験や実績を生かすこともできるのです。

 

例えば、寝たきりの状態ですと、褥瘡(いわゆる床ずれ)の問題が出てきます。
そのため、皮膚科の先生へのニーズもございます。

 

高齢化に伴い、排便排尿の問題も出てきますので、泌尿器科の先生にもニーズがありますよ。
このように老健施設は、あらゆる科目の先生が転職可能な環境と言えるでしょう。

 

ベテラン医師にも人気の転職先

老健施設で医師に求められる仕事は、管理が主なものとなります。
ケア、リハビリテーション、などはケアマネジャーや理学療法士などのスタッフが対応しますので、医師にかかる負担はかなり少ないと言えるでしょう。

 

そのため第一線を離れる年齢の医師にとっては、理想的な転職先の1つとなります。
実際に、施設長待遇などに関しては、実際に中堅?ベテランの医師が求められる傾向があるようです。

 

この科目の将来性

科目の将来性については問題ありません。

 

高齢化社会の進行によって、高齢者介護や自立支援への需要が高まっているからです。
それに加え、当直やオンコールなしなど、QOLを維持しながらも、従来の職場と同水準の年収を確保できるケースも少なくありません。

 

求人を良く選べば、働く環境としては申し分ないかと思います。

 

なお、現場としてはやはり長く働いてくれる、常勤医師を求めていますが、人が集まりにくい施設では非常勤の募集もあります。

 

まとめ

高齢化は日本のみならず、先進諸外国も抱える問題です。
そこには当然医療ケアの問題が関わってきます。

 

老健施設は、高齢者の健康的な生活を守り、維持し、困難さの改善を目指します。
その中心的な存在として、大きな存在感を放っている分野なので、満足いく年収を得ることも期待できるでしょう。

 

良質な転職サイト&エージェントは、求人の比較検討にはピッタリ。
有益な情報と、医療機関とのネットワークを活かして、先生の転職を応援してくれますよ。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる