60代医師の転職事情とは?

【60代医師】求人が多い診療科や勤務形態など、転職事情をご紹介

60代以降に転職する医師は他の年齢と比べて少ないです。
ですが、例年必ず、転職をおこなう医師の数%を占め、ゼロにはなりません。

 

なお60代以降になりますと、転職で重視するポイントも他の年代と大きく変わります。

 

  • 勤務地
  • 余暇が充分に取れること
  • 自然環境

などに重きを置く方が増加するようです。

 

この年代で求人が多い診療科目は?

60代以降になりますと「定年後に働く」ということを見越した転職を考えるケースがほとんどと考えられます。

 

しかし、外科医の方であれば、オペやスキルアップ中心の転職というのではないはず。
さらに年齢を重ねても長く続けることが可能な診療形態を模索する方も多いことでしょう。

 

あるいは検診や人間ドック担当、リハ施設や療養施設へ入職したり、非常勤となることで、余裕のある働き方を求める方も多いです。

 

透析クリニックや訪問診療も人気ですが、こちらでは収入の確保も期待できるでしょう。

 

このような意向を多くの医療施設は承知していますから、それに見合った求人を用意しているケースも少なくありません。
ただし、人気の求人は比較的早く埋まってしまうので、ご注意ください。

 

また、特定の診療科目から求められるというのではなく「ぜひクリニックや老健施設などの院長に」というケースも少なくありません。

 

経験豊富な60代医師の存在感は、確かに責任あるポジションには適任と言えるでしょう。
なお、それとは真逆に地方へ移住し、余生のライフワークとして地域密着医療に携わるのも魅力的な選択かと思います。

 

給与や勤務形態は?

クリニックや老健施設などの院長・施設長待遇になった場合には年収がアップする可能性もあります。
一方で、余裕のある働き方を求めた場合には、年収が下がることもございます。

 

しかし60代以降になりますと、転職に際して「年収が最優先事項ではない」という医師がかなり増えてくる印象です。

 

むしろ「生涯現役」を貫くための無理のない働き方やライフスタイルを転職で実現したい方も多いのではないでしょうか。

 

「無理のない働き方」の実現にはやはり、環境や施設選びが重要ポイントになります。
例えば「訪問診療」にはどこか忙しそうなイメージがつきまといますが、常勤医の負担を軽減する体勢を用意するケースもあります。

 

1次対応を看護師&非常勤ドクターで対応するなどの体勢が整っていれば、60代の医師でも無理なく活躍できるケースがあるのです。

 

このように情報は個別に得ていくことが大切といえます。先入観で自ら進路を断ってしまうと、良い働き口を失うことにもなりかねません。

 

おすすめポイント

60代医師の皆様はすでに多くのご活躍をされ、その使命を果たした方々です。
しかし一方で「生涯現役」の考え方が広く浸透し、それを実践するドクターも増えています。

 

もちろん、体力的な面、あるいは自分に割く時間を考えると「働きやすさ」が最も優先されることでしょう。
そこで給与面よりも、環境(勤務地や自然の豊かさ)などが重視される傾向にあるのかと思います。

 

実際に、60代医師は転職に際して、都市部から地方へ移る傾向が目立ちます。

 

「これまでの激務は無理だけど、良い環境で肩の力を抜きながらなら、医師を続けられるかも…」こんなふうに感じる方は「医師としてのセカンドライフ」を検討しても良いかも知れません。

 

優秀な医師転職サイト&情報収集に長けたエージェントなら、先生の意向をくみ取った上で、驚くべき出会いをもたらしてくれることもあります。

 

人気求人は競争率も激しく「早い者勝ち」ということもあるため、ここはやはりエージェントの腕の見せ所といったところでしょう。
生涯、現役。1人の医師として、そして人間として、より良い生き方・働き方を見つけてみませんか。