フリーの麻酔科医の働き方とは?

診療科目によって、麻酔科医をどう扱うかは千差万別

麻酔科医は外科・内科、双方の領域で不可欠な存在。
しかし、患者さんの受け持ちがない分、環境に縛られない働き方が実現できます。

 

実際に、そのような特徴を活かして「フリーランスの麻酔科医」に転身される方も増えているようです。

 

自由度が高い分、年収が犠牲になるのか?
実は、フリーランスになったことで、年収がアップするケースも少なくありません。

 

今回はそんな「フリーの麻酔科医」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

求人募集の背景

優秀な麻酔医への高いニーズ

どんなに優秀な外科医でも、患者さんへの麻酔が完璧でなければ充分な力を発揮することができません。

 

麻酔は手術における刺激を取り除き、患者さんの安心感をも左右します。
実際に麻酔量の間違いによって、患者さんの意識が戻らないことや、その生命の危険にさらされるケースも。

 

麻酔は奥が深く、大変なノウハウや経験を要する分野と言えます。
そのような意味でも、優秀な麻酔医へのニーズはとても高いのです。

 

加えて、麻酔科医は現在の終末期医療にも欠かせない存在。
その存在感は高齢化の進行と共に、さらに増していると言えるでしょう。

 

もともとフリーランス向きの科と言えます

麻酔科医の置かれる環境は少々特殊です。

 

患者さんの命を左右し、高度な治療・施術現場にも不可欠な存在なのに「裏方」のような位置にいます。
通常は手術前後のケアに関わらず、拘束されるのは手術のタイミングのみと限定的。

 

他科と異なり、患者さんとダイレクトに接する機会も少なく、医療機関・医療チームの中でもある種の独立性を保っているわけです。
これをデメリットと考えて転化する麻酔科医の先生もいるよう。

 

しかし、このような「独立性」をポジティブに活かして、自由な働き方を実現するケースもあります。
このように麻酔科医はもともと「フリーランスに向いている」と言えるでしょう。

 

転職事例紹介

フリーランスで年収が大幅アップ

麻酔科医は10年目で、平均1,000万円程度の年収と言われています。
しかし、フリーランスに転向した麻酔科医の中には3000万円〜4000万円程度の年収を実現しているケースも。

 

麻酔科専門医で、ある程度腕が買われる方であれば、決して夢物語ではありません。
最近は、このような話を身近に聞き、フリーランスを希望する麻酔科医の先生も増えていると言います。

 

転職サイト市場の盛り上がりが影響?

フリーランスの麻酔科医は、ここ最近クローズアップされている印象です。
その背景には、やはり近年盛り上がりを見せる「転職サイト市場」が一因であると考えられます。

 

優秀な転職サイトとそのエージェントは、需要と供給をスムーズにつないでくれます。
つまり、優秀な麻酔科医を必要とする医療機関が、大変見つけやすい環境になったということですね。

 

将来性

麻酔科医のフリーランス化は1つの流れとして確実に存在します。
一方、優秀な麻酔医へのニーズは今後も高いと考えられるため、経験やノウハウのある先生方は、将来性を心配する必要はないかと思います。

 

むしろ、独立性を保ちながら自由に働きたい医師の皆さまは「麻酔科医への転科」を検討しても良いかもしれません。

 

ただし、フリーランスで活躍ためには「高度な麻酔の知識&技術」が名刺代わりになります。
その意味でも「専門医資格の取得」は必須かと思います。

 

まとめ

フリーランスの麻酔科医として活躍される方は、信頼できる転職サイト&エージェントに登録しましょう。
より良い求人を効率的に探す上でも、これは絶対に欠かせないかと思います。

 

なお、転職サイト&エージェントは無料登録できます。
よって、複数の転職サイト&エージェントを活用することが賢い方法と言えるでしょう。

 

魅力的な仕事のコーディネートを受けながら実績を積み、満足できる報酬を手にしてください!

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

フリーの麻酔科医の年収とは?

麻酔科医ほど「勘違いされる」医師もありません。それもフリーの麻酔科医は医師の間からも「なぜ高給?」と言われています。例えば、20代で1,000万円、30代では2,000万円、40代で3,000万円…と上がっていくのが相場、と言われています。つまり1日10万円は軽く稼げるようになるのも、無理はない、と言われる所以でしょう。

 

フリーとはいっても、その多くは若いうちだけという人が少なくありません。麻酔科医は本当に難しい仕事です。外科医が執刀する前に、外科担当の看護師はしっかりと器械出ししなければなりませんし、オペ室の衛生管理も担当医や看護師がしっかりとやらなければなりません。そして、術前には麻酔科医が「執刀OK」のゴーサインを出さなければ、全ては始まりません。

 

これは、麻酔科医が患者の容態の「責任」の一端どころか、全てを持つことを意味します。執刀のお膳立ては本当にチーム医療そのものですが、麻酔科医ほど患者の全てを診ていなければならない仕事もありません。

 

だからこそ、他の医師よりも給与が高く設定されているわけですし、フリーランスの経験のある麻酔科医ほど頼りにされ、高給を得ることができるのです。

 

ちなみに、県立病院や国立大学医学部付属病院では、一般公務員と変わらない…という給与でストレスになる麻酔科医が大勢いることをご存知でしょうか?ストレスが溜まり、パアッと弾ける暇もなく、オンコール…それならばフリーという道も悪くないですし、家族を大事にできる方法のひとつともいえるでしょう。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる