内視鏡医の求人・転職事情とは?

現在の医療動向は、全体的に「ゼネラリスト志向」と言えます。
しかし、一般の方からも関心の高い「内視鏡」においては、そのスペシャリストが求められているのです。

 

内視鏡は、消化器外科・肛門科のみならず、ヘルニアの治療にも利用されています。
今後もさらなる需要増が見込める可能性を秘めた分野と言えるでしょう。

 

今回はそんな「内視鏡医」の転職事情を、その将来性と共にご紹介致します。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる

 

求人募集の背景

 

 「内視鏡の巧みな医師」は転職で有利

医療機関の検診ニーズは増加しています。
中でも、消化器内科などでは、外来や病棟管理のほかに「内視鏡検査」もセットで求人が出るケースがスタンダードです。

 

「内視鏡ならば、アルバイト医師などにまかせればいいのでは」と考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし「内視鏡のうまさ」は、病院そのものの評判に直結するケースも珍しくありません。

 

「あそこの先生の内視鏡は上手」「全然苦しくなかった」と言った患者さんの口コミは、瞬く間に広がります。
つまり、病院の患者数、症例数、利益にもダイレクトにつながっているのです。

 

そのため「内視鏡のうまい医師」への需要は、常に高いと考えられます。

 

なお、患者さんにとっての「内視鏡のうまさ」には「患者さんとのコミュニケーション能力」も含まれます。
症例を重ねる上で、この点も意識されると良いでしょう。

 

アルバイト求人で症例数を高める医師も

先ほど触れましたが、内視鏡の症例数や経験をアルバイトで積む医師も少なくありません。

 

勤務している病院の体制によっては、内視鏡症例数に格差が生じるケースもよくあります。
そのため、休日などを利用し、内視鏡アルバイトを行うわけです。

 

これは内視鏡の経験を積む大変良い方法。
特に「内視鏡の経験は積みたいけれど、転職にはまだ踏み切れない」という方にもおすすめです。

 

転職に際しては、様々な不安がおありでしょう。
そこで、内視鏡の症例数&経験を積みながら、多くの医療機関で働いてみるのは、大変参考になります。

 

このように外の世界を知ると、転職へのハードルも下がってくるかもしれません。

 

幸い、内視鏡のアルバイトは一定数ございます。
特に、人間ドッグや検診の時期には増加しますので、そのようなタイミングで、アルバイトをしてみても良いでしょう。

 

>>内視鏡のバイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら

 

転職事例紹介

 

症例数を増やしたい

内視鏡症例数の多い病院に勤務しているのに、その機会が巡ってこない…。
そんな悩みを抱えているドクターも少なくないようです。

 

例えば、症例数が多くても、在籍する医師が多ければ、1人当たりの割り当ては少なくなります。
また、先輩ドクターが内視鏡を担当してしまい、若手医師にはまわってこないというケースもあるようです。

 

このように「もっと実践経験を積みたい」「症例数を稼ぎたい」という動機で、転職される方も少なくありません。
転職の際には、ただ単に上辺だけの症例数ではなく「医師の体制」「若手の育成・サポート体制」などについても調べておく必要があります。

 

希望領域への内視鏡を担当したい

内視鏡と一口にいっても、その部位や、必要な技術は多岐に渡ります。
例えば「上部内視鏡よりも下部内視鏡の症例を増やしたい」など、より具体的な担当部位、習得スキルの目標がある方も多いことでしょう。

 

そのような方も、転職によって環境を変えることで、希望が叶うケースもございます。

 

なお、内視鏡の機器も日進月歩でアップデートされています。
基本的なスキルに加えて、新たな機器の扱いを手早くマスターできる環境が必要です。

 

言うまでもなく、先端的な環境であれば、常に最新の機器に触れることが期待できます。

 

この科目の将来性

内視鏡医の将来的なニーズはとても高いと考えられます。

 

技術の進歩に伴い、内視鏡画像の精度も向上。
さらに、内視鏡手術の幅や可能性も広がっております。

 

そのため、内視鏡の検査・手術に対する知識やスキルを持った医師への需要は常に高いと言えるでしょう。

 

例えば、国内で進行する高齢化に伴う「がんリスクの増加」に対しても、内視鏡は欠かすことのできない検査・治療手段です。
また、ヘルニア治療等にも有効な脊柱脊髄の内視鏡手術についても、それが可能な医師はまだまだ少ないのが現状です。

 

このような現状を踏まえ、内視鏡医としてのキャリアを磨くことは、大変良い選択と言えるでしょう。
内視鏡検査のニーズに答えるべく、豊富な経験を積むことが可能な環境を、積極的に求めてはいかがでしょうか。

 

まとめ

内視鏡医としてキャリアを積むならば、資格取得も重要。
検査・症例数のみならず「消化器内視鏡専門医」などの取得も見越したキャリアプランを立ててみましょう。

 

専門医資格がございますと、医療施設でのポジションはもとより、転職の際にも大変有利です。

 

ただし「転職が容易であること」と「理想の職場を見つけること」は別です。
専門医資格を持った、経験豊富な医師ですら、入職時のミスマッチは起きてきます。

 

転職は、症例数のみならず、勤務体制やQOL、施設内の人間関係に至るまで、多くの条件が満足度を左右します。
これらの事前情報をつかむことが望ましいですが、お1人では難しいことでしょう。

 

そんな時に頼りになるのが「良質な転職サイト&エージェント」です。
全国規模で堅実にネットワークを築く「転職サイト&エージェント」ならば、求人先の情報を事細かに把握しているケースも珍しくありません。

 

実際に、入職後のミスマッチは、時間のムダ。場合によっては、ご自身の評判を落とすことにもつながりかねません。

 

「良質な転職サイト&エージェント」を利用すれば、最良の職場環境を最短距離で見つける事ができます。
時間の節約になりますし、何よりもスムーズな転職成功は大変気持ちが良いものです。

 

かけがえのない医師人生を、医局人事や固定された環境で耐え抜く。
21世紀は、そんな時代ではありません。

 

医師個々人がより良い環境を求め、なおかつ着実にスキルアップしてゆくこと。
これが、多くの医師のQOL向上にとっても重要で、なおかつ、日本の医療レベル向上にも有益と言えるのではないでしょうか。

 

「良質な転職サイト&エージェント」を活用し、ぜひとも、素敵な医師ライフのスタートを送ってください!

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる