医師の転職での失敗談

医師の転職での失敗談

今まで多くの開業医と話をしてきた中で、誰もが口にする言葉がありました。それは「生涯年収」です。「今回の診療報酬制度改正で、また落ちたんだ」「そうだよなあ、生涯年収も3000万円減ったよ…」とざっとこういう話なのです。

 

生涯年収について興味がある、ということは医師としての仕事を「生涯」やっていきたい、という裏返しでもあります。つまり、医師の多くはそれほどまで自分の仕事に誇りを持っているのだ、ということを示しているわけです。ところが、勤務医の場合は「年棒制」であったり「経験年数」で年収が決められることが多いのが事実です。

 

その結果、経営の悪化した民間病院や公立病院では、標準より低い賃金で働くドクターが増えていることも確かなのです。これは正しいことでしょうか?どんな職業の人でも、労働契約をきちんと結んでこそ仕事のスタートが切れるものです。ところが、そこをきちんとしておかない転職医師が、あまりにも多いのが現実なのです。

 

エージェントにいわれるがまま、別の病院に転職した、確かに収入も増えたが、今までのスキルが全く生かせない医療体制に飽き飽きして来た…そういう医師もいれば、入職したと思ったら経営陣が変わって、ポジションが保証されなくなった、有名な若い医師の下でこきつかわれるようになった…など、勤めてみれば「前と変わりない」「前の方が良かった」というケースが多いのです。

 

なぜ、こういう転職の失敗が繰り返されるのでしょうか?そもそも転職とは、人生を賭けたイベントだ、ということを認識していないからではないでしょうか。エージェントは病院のコンサルティングもしていることが多く、病院が元気でいるためにも働いています。元気な病院に元気な医師が来なければ、元も子もないのです。とことん調べ、コンサルタントと話し合ってこそ、本当の成功が待っているのです。さあ、もう一踏ん張りがんばりましょう!

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる