京都での医師の求人・転職事情とは?

京都での医師の求人・転職事情とは?

京都府の医師数は、人口比で全国トップクラス。

 

一見、「京都への医師転職」は狭き門に思えます。
しかし、高いニーズのある領域・地域があるため、そちらをきちんとチェックする必要があります。

 

場合によっては、待遇交渉を有利に運ぶことも期待できますよ。
今回はそんな「京都への医師転職」に関する詳細情報を紹介致します。

 

>>京都で希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれるエージェントランキングを見てみる

 

この地域で求人が多い診療科目は?

 

総合内科医=ゼネラリストへの高いニーズ

専門分野への深い知識やノウハウ。それをお持ちの医師は、いわゆる「スペシャリスト」と呼ばれます。
実際に、この点にコンプレックスを感じて転職をあきらめる医師もいるようです。

 

しかし、近年では、俯瞰的な視点から幅広く診察可能な「ゼネラリスト」のニーズが高まっています。
例えば「総合内科医」の需要は高いので、採用過程で注目を浴びることが期待できます。

 

医師不足地域でのニーズ

京都府は、医師の数だけで言えば充分に足りています。

 

しかし、京都市内に医療機関が集中しているため、必然的に医師も京都市内に偏りがちな傾向があるのです。
例えば、京都市から距離のある、舞鶴、福知山、亀岡などは医師が不足傾向と言われています。

 

科目よりもむしろ「地域」に着目することで、転職成功の道が開けるケースもあります。

 

給与や勤務形態は?

 

給与

厚生労働省の「2015年賃金構造基本統計調査」によると、京都府の医師年収推計値は「約1,202万円」という結果になっています。
全国平均である「約1,098万円」と比較してもかなりの高水準であるということができます。

 

ただし、これは推計値であり、全てのドクターが好待遇であるという意味ではありません。
勤務形態ほか、医療施設の性質、環境、通いやすさほか、実際の給与も求人ごとに異なります。

 

大学の給与体系が反映される医療機関では、給与相場がかなり低くなるケースもあるようです。
そのため、実際に満足いく給与を得るためには「各求人の比較検討」が重要になります。

 

勤務形態

京都府は「京都大学、京都府立大学」の大学組織を中心とした派遣体制が出来上がっています。
京都市内や拠点病院に限っては、この2大学の影響を受けてない施設はほぼ無いと言えるでしょう。

 

勤務形態についても、少なからず影響を及ぼしているとお考えください。

 

ただし、医師不足地域に限って言えば、大学からの応援が難しくなっている側面も。
こちらでは、外部からの医師受け入れにも積極的であり、勤務態勢ほか福利厚生などの優遇・充実も期待できます。

 

>>京都で希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれるエージェントランキングを見てみる

 

おすすめポイント

やはり、住環境としての魅力が大きなポイントになります。

 

京都は、郷土愛に満ちた土地柄。
独自の文化を大切にしており、なおかつ古都としての観光名所も多数ございます。

 

お寺好き、歴史好きにはたまらない名所が目白押しです。
「少し環境を変えて、魅力的な土地で働きたい…」そんな先生にも大変オススメなスポットとなっています。

 

まとめ

京都は大変魅力的な環境です。

 

しかし、京都市内での居住・通勤をされる方は、慣れるまでに少々苦労する面もあるかもしれません。

 

例えば、道が碁盤の目のように張り巡らされ、一方通行の道も多数。
京都市内の医療施設へ転職される医師の皆様は、ぜひ、ご留意ください。

 

もちろん、京都市内の他にも、歴史を感じる素晴らしい環境の地域が多くございます。
気になる方は、求人の比較検討時のチェックポイントにしてみましょう。

 

さて、京都府の様々な地域の医療施設・求人を比較検討するなら「良質な転職サイト&エージェント」を利用してみましょう。
ご希望地域における求人から、ベストなものを選ぶことが期待できますよ。

 

「良質な転職サイト&エージェント」は、地元の医療機関に頼れるネットワークを持っています。
医局に頼らず良質な求人を精査できるので、大きなメリットが感じられることでしょう。

 

また、先方からのラブコールがあった場合には「待遇面での交渉」もスムーズです。
「良質な転職サイト&エージェント」は交渉にも長けているため、より良い条件で働くことも目指せます。

 

京都での「素敵な転職」を成功させるため、「良質な転職サイト&エージェント」は、先生を全力で応援してくれます。

 

>>希望の年収・勤務地・働き方を実現してくれる、おすすめのエージェントを見てみる